ラクナ梗塞 入院期間

ラクナ梗塞の入院期間について

スポンサーリンク

脳梗塞という病気がありますが、この病気の場合には早期発見をし早期に治療をすることが重要となっています。
脳梗塞という病気は、脳の中の血管が詰まったり狭くなったりすることで、脳の中の血液の流れが悪くなることで脳細胞が壊死してしまうという状態です。
脳細胞が壊死してしまうと、細胞に酸素や栄養素がしっかりと運べなくなるので大変です。
脳梗塞になりやすい人の特長としては、高血圧の人が多いです。
また男性に多く発症するようになっています。
男性が約6割で女性は約4割となっています。
脳梗塞の原因の多くは、生活習慣となっています。
したがって普段から食生活には十分に注意する必要があります。
高脂肪や高カロリー、そのほかには高塩分の食事を控え、たばこの吸いすぎにも注意をすることが大切です。
運動不足も脳梗塞を引き起こす原因となるので、日頃から積極的に体を動かすと言うことも大切です。
スポンサーリンク

脳梗塞の危険因子は次のようになっています。
それは年齢が60歳以上の人や家族や親戚に脳卒中の人がいる場合、また高血圧や糖尿病や動脈硬化の人などになります。
脳梗塞は次のような種類に大きく分けることができます。
それはラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞と心原性寒栓症になります。
このなかでラクナ梗塞は、脳の中の血管が詰まったり狭くなると言うようなタイプの脳梗塞になります。
脳梗塞の発症の中ではラクナ梗塞が一番多くなっています。
症状の特長にはいくつかあり、症状は突然起こります。
しかし比較的軽く意識の障害もあまりありません。
半身のしびれた感じや筋力低下がよくあり、治療による回復は早くなっています。
気になる入院期間は1週間から2週間となっています。
この期間の入院で社会復帰をすることができるようになっています。
スポンサーリンク