ラクナ梗塞 病態生理

ラクナ梗塞の病態生理について

スポンサーリンク

ラクナ梗塞は、脳梗塞の中でも非常に発症が多くなっているものです。
これは脳卒中の中の脳梗塞の中で症例の実に半分近い割合を占めている脳の病気となっています日本人の中では脳梗塞を発症する人の多くに診られる症状で、欧米よりも高い割合となっています。
これは非常に小さな梗塞で、脳の中で高血圧によるダメージを受けている中でも、細い動脈が破裂しないで残っていると言うことが発症の原因となっています。
このような血管は非常に詰まりやすいので、脳の深いところで梗塞となっていきます。
ラクナ梗塞の病態生理に関しては次のようになっています。
梗塞の大きさは直系が1.5センチメートル未満というように決められています。
したがって1.5センチメートル以上のものはラクナ梗塞ではありません。
梗塞が小さいと言うことで症状が現れないこともあります。
スポンサーリンク

これは時間をかけて症状が現れるようになっていると言うことで、高齢者に多く見られるようになっています。
症状に関しては進行が遅く、意識がなくなると言うことも少ないです。
しかし注意しなければいけない人がいます。
それは夜間に血圧が高くなると言うような人です。
このような人は夜間から早朝にかけて発症すると言うことがよくあります。
症状が発症したときには言葉が出にくかったり手足がしびれているなどの症状があります。
しかし治療の後には実に8割という高い値で日常生活に問題がないレベルまで回復することができます。
また一度発症した場合にはしっかりと予防をすることも大切です。
再発を防ぐためには、高血圧をしっかりとコントロールすることが大切です。
また糖尿病や高脂血症などの病気も再発を促す原因となっているので、予防をすることが大切です。
スポンサーリンク