ラクナ梗塞 部位

ラクナ梗塞が見つかったらその部位が大きくならない予防を

スポンサーリンク

ラクナ梗塞はできている場所によっては体に障害が残ってしまうかもしれません。
人間の脳はたとえその細胞が死んでしまっても、脳内のほかの細胞がその手助けをしてくれるようになっています。
そのためにはある程度のリハビリも必要になってきますが、軽いラクナ梗塞の場合はリハビリの併用で体の障害は軽くなることが多くなってきています。
大切になることはこの病気になる前に十分予防をすることです。
梗塞の原因には高血圧や心臓の不整脈など様々な原因で起こってきます。
また本人が梗塞ときずかないことも多くなっています。
病院のMRI検査で偶然発見されたということも多い病気です。
手足が突然しびれたり味覚を感じなくなったり、ろれつが回らなくなったり梗塞の前兆は数多くありますが、その多くが一時的ですぐおさまってしまうため本人には自覚症状がないことが多い病気になっています。
スポンサーリンク

初期の段階できずかずにほおっておくと数多くのラクナ梗塞ができてしまうかもしれませんので、上記のような症状があったらすぐ医師の診察を仰いでください。
こうなる前に原因となる高血圧や不整脈の治療を徹底的に行ってください。
これらの治療を徹底的にすることにより脳梗塞のリスクを回避することができます。
特に高血圧の薬などはずっと飲んでいかなければならない薬になっていますから、万が一にでも途中で薬をに飲むことをやめるなどの行動を起こさないようにしてください。
ラクナ梗塞は発生する部位やその大きさで、さまざまな障害がおこってきます。
リハビリで改善できるものは積極的に行ってこのことが原因で生活が変わってしまったということがないようにしましょう。
小さい梗塞が見つかったのなら、それ以上大きくしないように数を多くしないようにすることが大変重要になってきます。
スポンサーリンク