ラクナ梗塞 看護計画

ラクナ梗塞の看護計画について

スポンサーリンク

ラクナ梗塞を発症していると言うことが分かれば、早急に病院を受診する必要があります。
早期に発見をし早期に治療を行うことで、その後の社会生活や日常生活に大きく関係してきます。
病院を受診すれば治療のために入院となります。
その際に看護師の看護を受けるようになっていますが、看護計画が立てられるようになっています。
その看護計画の中では事前に知っておかなければいけないことがあります。
まずは患者の背景です。
現在の病歴についてしっかりと把握しておきます。
発症の時期や発作が起こったときの状況、また病状や治療の経過に関してです。
同時に既往歴も調べておきます。
ラクナ脳梗塞には次のような病気が大きく関係しています。
糖尿病や高血圧や脂質異常症、このほかに心疾患に関する既往歴です。
生活習慣に関してもしっかりと確認をしておきます。
スポンサーリンク

生活習慣に関しては喫煙歴や飲酒歴や食習慣に関しても計画を立てるために確認しておくことが大切です。
また全身状態も把握します。
身長や体重に関しては基本的なことですが、このほかに食事摂取内容や嚥下障害があるかないか、嗜好品や食習慣や口腔や皮膚の状態に関しても確認をします。
同時に今までに行った検査データも合わせて確認しておきます。
入院の際には排泄状態も大切なことです。
排泄や排便状態、このほかには排泄方法を確認します。
排便や排尿の回数やその量や性状についても理解しておきます。
脳梗塞と言うことで活動や休息に関しても大切なことです。
意識障害や運動麻痺があるか、またある場合にはその程度についても理解が必要です。
同時に日常生活に復帰するためにはリハビリテーションも必要です。
その進行状況や訓練に関する意欲がどの程度かも理解しておきます。
スポンサーリンク