ラクナ梗塞 高次脳機能障害

高次脳機能障害になる前にラクナ梗塞の治療を

スポンサーリンク

脳梗塞を発症するときには何らかの前触れがあるものです。
話す言葉がろれつが回らなくなったり、片方の手足がしびれてしまったり。
視野が狭くなったりこれらの症状は一時的でありすぐに症状が改善してしまいます。
そのままほおっておくとやがて脳梗塞になってしまうかもしれません。
倒れた時にあああれが脳梗塞の前触れだったのかときずくくことが多いのかもしれません。
またそのような症状が出てきて病院で治療を受けた時、毛細血管が詰まっていて無数の白い影がCTやMRIに映っていることがあるかもしれません。
それらのつまりが毛細血管にできることをラクナ梗塞といいます。
これらの梗塞は早い内に処置をしておかないと、太い血管が詰まってしまうことも大いに考えられます。
脳梗塞で高次脳機能障害などにならないうちに適切な処置が必要になってきます。
スポンサーリンク

脳梗塞で高次脳機能障害を発症してしまうとその多くが半身不随になってしまい、生活の全般ができなくなってしまいます。
体の自由が利かなくなり、話すことや見ることあるいは、聞くことにも不便を感じる生活を余儀なくされることがあります。
記憶も飛んでしまうこともあります。
生活における排泄や食事等もままならくなってきます。
体力の低下により食事ものどを刀子ことができなくなり嚥下障害による、肺炎なども併発してしまうことがあります。
現在はラクナ梗塞などの小さい血管のつまりにおいては、血栓を溶かす薬などで容易にそのつまりは解消することができます。
毛細血管が詰まっていると判断されたなら早めの治療を施すことが大事です。
塊が小さいうちに早めにその塊を除去してしまいましょう。
また不整脈でも血栓ができやすいのでこれらの症状がある人は早めに対策を打っておきましょう。
スポンサーリンク