ラクナ梗塞 評価

ラクナ梗塞やその評価について

スポンサーリンク

体の片側の手足や顔面に同時に起こる麻痺、このほかには手足のしびれやケガの痛みを感じることができないときや言葉が出てこなかったり言葉を聞いても理解することができないと言うような評価をされたときには、ラクナ梗塞の可能性が非常に高くなります。
このほかに見られる症状としては、ろれつが回らなかったり片目が一時的に見えなくなったりというような症状が見られることもあります。
ラクナ梗塞とはどのような病気かというと、脳の中の細い血管が動脈硬化を起こして、血管が詰まって脳に障害が出るものとなっています。
とくに血管の詰まっているところが比較的小さい微小脳梗塞の一種となっています。
したがって他の脳梗塞のように意識がなくなった離宮に激しい症状が見られるというようなことはありません。
これは高血圧によって起こる動脈硬化が大きな原因となっています。
スポンサーリンク

したがって症状が非常にわかりにくくなっています。
隠れた脳梗塞と呼ばれることもあります。
しかしこのような中でも片側の手足や顔面の麻痺や手足のしびれが体が活発に動いていない寝ている間や朝起きたときに現れたと評価されたときには、ラクナ脳梗塞の可能性が高くなります。
しかしこの病気の後遺症は少なくなっています。
一般的には適切な処置をしないと言語や運動などの機能を取り戻すことが難しくなっていますが、後遺症は少なくなっています。
しかしこのような中でも後遺症として残る可能性があるものとして神経障害があります。
体のどちらかが麻痺をして動かしにくくなります。
高次脳機能障害と行って記憶障害や感情障害が見られることもあります。
ラクナ梗塞で死亡するという人はほとんどいません。
約90パーセントは発症した後でも退院することができます。
スポンサーリンク