ラクナ梗塞 回復 方法

ラクナ梗塞の回復方法はふくらはぎを揉んでみて下さい

スポンサーリンク

ラクナ梗塞になりやすいのは血液や血管の問題で、高血圧の方はなりやすいです。

 

治療法として病院では、血栓を溶かす薬が処方されます。しかし、一度ラクナ梗塞にかかってしまうと治療が困難なため、ならないために予防をしなくてはなりません。

 

そもそも血栓とは簡単にいうと血の塊です。血の塊というと皆さんはかさぶたを想像しますよね!?かさぶたは傷が治ると自然とはがれます。

 

しかし、体の中の血液中でできた血栓ははがれません!つまり、血液を遮断してしまい、それより先に栄養や酸素が流れなくなってしまうのです。そうすると、脳梗塞やラクナ梗塞を引き起こす原因になります。

スポンサーリンク

では、普段から血液をさらさらに流すために良い方法があります。それはふくらはぎを揉む習慣をつけましょう。

 

数年前にサッカー日本代表候補の選手がエコノミークラス症候群で体調を崩し出場を断念した話しは有名です。飛行機などの狭い座席で長時間すわっているだけで血液が滞り血栓ができてしまうのです。

 

体を鍛えあげたスポーツ選手でさえなってしまうのです。血栓の症状としてまずは足がむくみます。つまり足のむくみやすい人は血栓ができやすい体質です。日本人の死因の原因としてがんの次に脳梗塞や心筋梗塞があげられます。

 

一日中、座って仕事をしている方は特に注意が必要です。

 

とにかく、血栓を作らない為にも座ったままでもいいので、ふくらはぎに手をのばし揉むようにしてください。

 

それと一時間に一回でも立つように心がけて下さい。

スポンサーリンク