脳梗塞 手術 できない

脳梗塞の手術ができない場合について等

スポンサーリンク

脳梗塞とはその名前からも分かるように脳の疾患の一種で、何等かの理由で脳の一部が壊死する事を言います。
人間の体は血液によって酸素や栄養を供給される事で、初めて正常に機能する事が出来ています。
これは臓器等に限った事ではなく脳も同じで、常に血液を供給される事で正しく機能する事が出来ているのです。
 しかし何等かの理由によって血液の供給が途絶えてしまうと、その途絶えた部分が酸素不足や栄養不足といった状態に陥る事になります。
この血液が途絶えた状態が短時間で解消されれば良いのですが、長時間に及ぶと途絶えた部分に壊死が起きてしまいます。
この部分的な壊死が脳の一部で起きたものを脳梗塞と言い、壊死した部分は元に戻す事は出来ないです。
 脳梗塞が発生する直接の原因は血流が途絶える事ですが、この血流が途絶える原因については複数の事柄が考えられます。
最も代表的なものとしては脳に血液を供給する血管の一部に血栓が出来て、それが原因となって血流が途絶えるというものが挙げられます。
それ以外にも加齢等によって血管がしなやかさを失う動脈硬化になると、自然と血管が細くなっていき血流が滞って発症する事もあります。
スポンサーリンク

 脳梗塞を発症した場合に現れる症状としては意識障害や言語障害、手足の麻痺等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも今まで感じた事のない頭痛がしたり、言葉が出てこなくなる失語症等の症状が現れる事もあります。
これらの症状が現れた場合には速やかに病院で治療を受ける事で、後遺症を最小限に食い止める事等が可能となります。
 脳梗塞の治療方法は治療開始のタイミング等で異なり、初期の場合には血栓を溶かす薬の投与等を行います。
この血栓を溶かす薬の投与は早い段階で行わないと効果が期待出来ないため、発症から3時間以内の投与が理想的とされています。
 それ以外にも詰まった所に風船のような器具を挿入して、それで血管を広げるといった手術を行う場合もあります。
ただし全ての人が手術を出来るわけではなく、様々な理由によって手術ができないという人もいます。
手術ができない具体的な理由としては患部が奥のほうで手出しができない場合や、体内の血液が足りなくて手術に耐えられない等が挙げられます。
 脳梗塞で手術ができない場合には薬の投与や、リハビリ等といった方法で治療を行うケースが多くなります。
ただ薬の投与は発症から時間が経ち過ぎている場合にはできない場合もあり、リハビリ等が主となる事が多いです。
リハビリを続ける事で壊死によって機能できない部分の周囲に刺激を与えて、代わりに機能してくれるように促します。
スポンサーリンク