ラクナ梗塞 認知症

ラクナ梗塞によって起こる認知症

スポンサーリンク

脳梗塞は脳の血管が詰まり、脳細胞が機能しなくなることによって起こります。
この病気は急に症状が起きて大きな問題になると思われていますが、実はゆっくり症状が起こるタイプもあります。
そういうタイプの脳梗塞をラクナ梗塞といい、脳梗塞の多くはこのタイプになります。
ラクナ梗塞は高血圧だと起こりやすく、高血圧の影響で脳の細い血管が詰まると発症しやすいです。
細い血管が詰まるだけなので急に症状が悪化することはありませんが、自覚症状がないので気づかないことが多いです。
またこの病気は脳にダメージを与えますから、場合によっては認知症になることもあります。
この病気で認知症になった場合は症状の確認が難しく、何が原因で起こったのか分かりづらいです。
ですからもし痴呆の症状がで場合は、この病気が原因でないか調べてもらった方がいいです。
スポンサーリンク

ラクナ梗塞はゆっくり進行していく病気なので、自覚症状がなく気づいた時には悪化している場合があります。
そのため脳の障害による認知症が発生していても、すぐには分からないので重症化することが多いです。
ではこの病気の対策をするのが難しいのかというと、実はそれほど難しいわけではありません。
基本的にこの病気は血液や血管の異常が原因で起こるので、そういう病気であるかどうかが重要になります。
例えば高血圧だったり糖尿病の場合は、この病気になりやすいのでチェックを受けておくといいです。
またラクナ梗塞の症状について調べるときは、細かい所まで調べないと問題がわからない事が多いです。
この病気は細かい血管が詰まって起こるものですから、普通の方法で調べると問題を発見できないことがあります。
そのため調査をする場合は細かい血管まで、調べられる検査方法を利用することが重要です。
スポンサーリンク