脳梗塞 看護 ポイント

脳梗塞の看護のポイントについて

スポンサーリンク

脳梗塞とは血管がつまることによって脳へ十分な血液が送られず、意識を失ったり倒れたりする非常に恐ろしい病気です。
脳梗塞になるには原因となる病気があり、高血圧や糖尿病そして脂質異常症から動脈硬化となった場合が多いです。
そのため会社の健康診断などでこれらの予備軍と診断された人は脳梗塞にならないためにもすぐに対策を実施する必要があります。
脳梗塞を発症すると様々な生活するうえでの障害がでます。
手足が麻痺して思うように動かせなかったりします。
そうなると周りの人に看護してもらったりと迷惑かけることにもなりますので、そうならないうちに対策をうっておきたいところです。
逆に脳梗塞となった人を看護する際のポイントとしては、少しでも症状の改善が見られたからといって薬などの治療を辞めてしまわないことです。
特に本人は良くなったと思って治療を辞めたがりますが、そこは看護する人が続けるよう説得して完治するまで続けさせることがポイントです。
スポンサーリンク

脳梗塞は再発しやすい病気であると共に、後遺症が残りやすい病気でもあります。
そのため周りの看護する人は再発しないか定期的に検査に行くことを進めることがポイントです。
ちょっとした前兆でも検査で見つかればすぐに治療すれば再発を防ぐことも可能です。
また看護する人はリハビリにも付き添うことがありますが、決してオーバーワークとならないように注意してあげることがポイントです。
体力的にも落ちているので毎日少しづつ前進できるよう励ましながら付き添ってあげることがポイントとなります。
手足を動かしたり話すことを以前と同じようにできるまでには長い月日がかかることも多いため、周りで看護してあげる人は慌てずにゆっくりと練習することを教えてあげることがポイントです。
上手くいかなくても明日にまた練習を再開しようなどやっている本人にもあせらさないことを勧めます。
また気が滅入っている時にも励まして毎日少しでも練習を続けられるよう励ましてあげることも必要です。
スポンサーリンク