脳梗塞 手術 リスク

脳梗塞の手術のリスクについて等

スポンサーリンク

脳梗塞とはその名前からも分かるように脳に関する疾患の一種で、脳の一部に壊死が起こるというものになります。
人間の体は常に血液が巡っていて、この血液から酸素や栄養を供給される事で正常に機能しています。
これは臓器のみならず脳にも勿論言える事で、脳が様々な働きを行えているのも血液がきちんと巡っているからです。
 しかし何等かの理由によって血液の巡りが滞ってしまうと、脳等は酸素不足や栄養不足といった状態に陥ります。
こうなってしまうと正しく機能する事が難しくなってしまい、様々な面で良くない影響が起きてきてしまいます。
この血液の滞りが短時間で解消されれば良いのですが、もしも長時間に及ぶと血液が届いていない部分に壊死が起こります。
 この部分的な壊死が脳の一部に起きたのが脳梗塞と呼ばれるもので、早急に治療を行う必要が出てきます。
一般的には年配者や糖尿病等の持病を抱えている人が発症しやすいのですが、誰にでも発症する可能性はあるので注意したほうが良いです。
スポンサーリンク

 脳梗塞を発症した場合に現れる症状としては意識障害や言語障害、手や足の麻痺等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも今までに感じた事のない頭痛が現れたり、言葉が出てこなくなる失語症が現れたりする人もいます。
この疾患は早く治療をする事で後遺症等を最小限に抑えられるので、発症から3時間以内の治療開始が望ましいと言われています。
  脳梗塞の治療方法は患部の状態等で異なりますが、主に薬物療法や手術といった方法が用いられます。
薬物療法では血栓を溶かす薬の投与等が行われますが、発症から長い時間が経過してしまうと期待する効果が得られない場合もあります。
これに対して手術は外科的な処置で血栓を取り除いたり、血流を蘇らせたりするという方法になります。
患部が奥の方等の場合には手術が出来ない事もありますが、医療技術の進歩でだいぶ手術が可能な場合も増えています。
 ただ脳梗塞の手術となるとある程度のリスクを伴う場合もあるので、そのリスクについて知っておく事も重要です。
脳梗塞の手術で起こりやすいリスクとして代表的なものに、開頭手術等の場合には術後に意識不明になるリスクがあります。
これは手術の際に全身麻酔をするために起こるリスクですが、長時間経ってもなかなか目覚めないというケースもあり得ます。
また全身麻酔ではないカテーテルの場合には、高い確率ではないですが脳梗塞を再発するリスクも出てきます。
スポンサーリンク