軽度 脳梗塞 治療 手術

軽度の脳梗塞の場合の手術等の治療方法について

スポンサーリンク

脳梗塞とはその名の通りに脳に関する疾患の一種で、何等かの理由で脳の一部に壊死が起こるというものです。
人間の体は血液によって酸素や栄養を供給されるのが原則で、これにより正常に機能する事が出来ています。
これは臓器等に限った事ではなく脳も同様で、常に血液を供給される事で様々な働きが出来ているのです。
 しかし何等かの理由によって血液の供給が途絶えてしまうと、その途絶えた部分が栄養不足等になり正常に機能出来なくなります。
この血液供給の途絶えが短時間で解消されれば良いのですが、長時間に及んでしまうと血液が途絶えた部分で壊死が起こります。
この部分的な壊死が脳で起きた場合を脳梗塞と言い、早めに治療を行わないと障害が残る場合も少なくないです。
 脳梗塞が発生する直接的な原因は血液供給の途絶えですが、血流が途絶える原因については複数の事柄が考えられます。
一番よく知られている原因としては血管内のどこかに血栓が出来て、この血栓によって血流が妨げられるというものです。
それ以外にも加齢等によって動脈がしなやかさを失う動脈硬化になると、自然と血管が細くなっていき発症してしまう場合もあります。
スポンサーリンク

 脳梗塞を発症した場合に現れる症状としては意識障害や言語障害、手足の麻痺等が挙げられます。
それ以外にも今までに経験した事がないような頭痛が起きたり、言葉が出てこなくなる失語症等が現れるケースもあります。
これらの症状が現れた場合に早急に対処する事で後遺症等を減らせるので、出来るだけ早く病院を受診するのが望ましいです。
 脳梗塞の治療については患部の状態等で異なり、軽度の場合には薬の投与等の治療が行われる事が多いです。
具体的には血管内の血栓を溶かす薬を投与するというもので、発症から間もない軽度の場合には治す事が出来ます。
ただし軽度と言っても治療開始が遅れた場合には、薬の投与による治療では対応出来ない事も多くなります。
軽度の脳梗塞でも薬物療法による効果が期待出来ない場合には、状況に応じた手術をする事で治療する場合もあります。
 軽度の脳梗塞の手術の内容について複数の方法がありますが、カテーテル手術等の方法を用いる事になります。
カテーテル手術とは太もも等の血管から専用の器具を挿入して、患部となっている血管を広げて血流を蘇らせるという方法です。
それ以外にも軽度の場合の手術方法として他の部分から採取した血管を患部に繋いで、新しく血液の通り道を作るバイパス手術という方法もあります。
スポンサーリンク