脳梗塞 治療 入院期間

脳梗塞の治療の入院期間について等

スポンサーリンク

脳梗塞とはその名前からも分かるように脳に関わる疾患で、何等かの理由で脳の一部が壊死してしまうというものです。
脳が正常に機能するためには常に血液が必要で、血液から酸素や栄養を供給される事で機能する事が出来ています。
 しかし何等かの理由によって血液の供給が途絶えてしまうと、脳は酸素不足や栄養不足に陥って正しく機能する事が出来なくなります。
この状態がごく短時間で解消されれば良いのですが、長時間に及ぶと血流が途絶えた部分で壊死が起こり脳梗塞を発症します。
 脳梗塞が起こる原因は上記したように血液供給が途絶える事ですが、その血流が阻害される原因はいくつかあります。
代表的なものとしては脳に血液を運ぶ血管内に血栓が出来てしまい、それが血管を塞いで血流が途絶えるというものが挙げられます。
 血栓の発生以外にも加齢等によって血管がしなやかさを失う動脈硬化になると、少しずつ血管が細くなって発症してしまう事も少なくないです。
スポンサーリンク

 脳梗塞を発症した場合に現れる症状としては意識障害や言語障害、手や足の麻痺等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも顔面や手足の感覚に異常が現れたり、言葉が出てこなくなる失語症等が現れる事もあります。
 脳梗塞を発症した場合には1分1秒でも早く病院を受診して、適切な治療を受ける事が重要なポイントになります。
何故なら初期の段階であれば薬の投与等を行う事で、後遺症等を小さく抑える事が可能となるためです。
理想とされているのは脳梗塞を発症してから3時間以内に、専門病院で治療を開始するのが望ましいとされています。
 脳梗塞の治療に関しては入院をして治療するのが一般的で、ある程度の入院期間は必要となります。
具体的にどの程度の入院期間となるかは治療内容等によって異なるため、一概に入院期間を言い切るのは難しいです。
 例えば軽度の状態で治療となった場合には、リハビリ等の期間も含めて20日程度の入院期間となる事が多いと言われています。
これに対して状態が重くなってから治療開始となった場合には、リハビリ等にも手間がかかるので入院期間は数ヶ月に及ぶ事もあります。
本当に重い場合には入院期間が半年以上になってしまう事あるので、そういった意味でも早めの治療開始が望ましいです。
スポンサーリンク