脳梗塞 再発 前兆

脳梗塞の再発の前兆について等

スポンサーリンク

脳梗塞とはその名前からも分かるように脳に関する疾患の一種で、何等かの理由で脳の一部に壊死が起こるというものになります。
人間の体は血液によって酸素や栄養を供給される事が大切で、これにより初めて正常に機能する事が出来ます。
これは臓器のみならず脳ももちろん同じで、脳も血液の供給によって正しく機能しています。
 しかし何等かの理由によって血液の供給が途絶えてしまうと、体は酸素不足や栄養不足に陥り正常に機能出来なくなります。
この状態が短時間で解消されれば良いのですが、もしも長時間に及ぶと一部に壊死が起きてしまうのです。
これが脳に発生した場合には脳梗塞と呼ばれ、発症に気付いたら早急に病院で治療を受ける必要があります。
 脳梗塞が発生する直接の原因は血液の供給が途絶える事ですが、その血流が途絶える原因については複数の事柄が挙げられます。
一番代表的なのが脳に血液を送る血管の一部に、血栓と呼ばれる塊が出来て血流を妨げてしまうというものです。
それ以外にも加齢等によって血管がしなやかさを失う動脈硬化になると、血管が自然と細くなってしまい発症する事もあります。
スポンサーリンク

 脳梗塞を発症した場合に現れる症状としては意識障害や言語障害、手や足の麻痺等が挙げられます。
それ以外にも顔面や手足の感覚に異常が現れたり、言葉が上手く出てこなくなる失語症等が現れる患者もいます。
これらの症状が現れた場合には一刻も早く病院を受診する事で、後遺症等を小さく抑える事が出来ます。
 また脳梗塞は再発する可能性が少なくない疾患としても有名で、再発の可能性は年間で2〜3%程度と言われています。
そのためもしも脳梗塞を発症してしまった場合には、治療が無事に済んでもしばらくの間は再発に注意する必要があります。
具体的には発症してから1年程度は特に再発の可能性が高くなるので、この期間を乗り越える事が大切です。
 再発を出来るだけ早く察知するためには前兆に気付く事が大切で、これは再発ではない場合でも同様になります。
具体的にどういった前兆が現れるのかというと、手足に力が入らない、いつもと違う頭痛が起こる等が挙げられます。
それ以外にも前兆として言葉が滑らかに出てこない、物が二重に見える等の前兆が現れるケースもあります。
このような前兆は脳梗塞の患者の2〜3人に1人程度の割合で現われるので、早く前兆に気付けるように普段から注意しておく事が重要です。
スポンサーリンク