脳梗塞 症状 高齢者

高齢者に多い脳梗塞の症状

スポンサーリンク

テレビでも良く取り上げられて話題となっている病気に脳梗塞があります。
脳卒中の一種で血液の流れが悪く血管に血液が詰まってしまう病気です。
脳卒中の中には、血管が破れてしまう脳出血やくも膜下出血もあります。
脳梗塞は、日本人の死亡率も高く注意したい病気です。
特に血流の悪くなる高齢者は注意が必要です。
高齢者になると運動量も減少しますし、体が老いることにより体を動かすことが大変になってきます。
外に出ることが困難だったり、栄養のバランスが悪い食事をとることによって血液がドロドロになることもあります。
また、血流の悪さから高血圧や糖尿病などの病気になりやすいです。
脳梗塞になる前の症状がありますので注意深く気をつけておくことで脳梗塞が防げることもあります。
脳梗塞になる前の症状には、頭痛、吐き気、めまい、ふらつきなどがあります。
一度ではなく続けて起こる時には注意が必要です。
早めの発見が脳梗塞を防ぐためにも必要です。
スポンサーリンク

高齢者になると通常でもふらつきや耳鳴り、頭痛、めまいなどの症状があることが多いので病気に気づきにくいことがあります。
少しの症状でも念のために病院へ行くことをお勧めします。
高齢者になると体には、十分気をつけて栄養バランスの良い食事、適度な無理のない運動、睡眠など生活習慣を見直す必要があります。
食事の後に軽く運動をすることによって代謝が上がり血流が良くなります。
また、血液をサラサラにする玉ねぎ、にんにくなどを多く食べるようにしましょう。
暖かいお湯にゆっくり浸かることも血液をサラサラにします。
1日の疲れをとりましょう。
脳梗塞を防ぐことも重要ですが、万が一脳梗塞の症状が出た場合には、すぐに救急車を呼びましょう。
一刻を争うほど重要な病気です。
症状は、突然の激しい頭痛、吐き気、めまいで立っていられないなどが起こります。
高齢者になると、高齢者だからなりやすくなる病気、体の衰えなどを理解しておくと病気の予防になります。
スポンサーリンク