脳梗塞 前兆 血圧 上昇

脳梗塞の前兆には血圧が上昇する症状がある

スポンサーリンク

脳梗塞という病気を理解している方はどのくらいいるのでしょうか。
近年、テレビなどで取り上げられているのと健康意識が高まり多くの方が知っていると考えられます。
脳梗塞とは、脳の血管が何らかの理由により詰まったり、血のめぐりが悪くなり、栄養や酸素が届かなくなり部分的に壊死してしまう病気です。
体の一部が麻痺したり、死に至ることもあります。
脳梗塞には、前兆がありますので小さな前兆も見逃さないことが病気を防ぐことになります。
脳梗塞の前兆の症状には、頭痛、吐き気、めまいなどがあります。
特に激しい症状の時には注意が必要ですぐに病院へ行きましょう。
軽い頭痛や吐き気なども続く時には病気を疑い検査をすることをお勧めします。
言葉のろれつがまわらなかったり、体に痺れが起こることもあります。
中高年の方、肥満体型の方、生活習慣が乱れている方、病気の方などは注意が必要です。
血流が悪くなって起こる脳の病気です。
血流を良くする工夫が大切です。
スポンサーリンク

脳梗塞の前兆があり、脳梗塞になってしまった方は治療が必要です。
薬物治療、リハビリ、食事療法、手術などで治療をしなければなりません。
体に麻痺が残るとリハビリは大変です。
普段の生活から血圧が上昇しないような工夫も重要です。
血圧が上昇しがちな方は血圧が上昇しないように薬を服用する必要があります。
血圧を上げないように食事に工夫をしましょう。
血圧を上げてしまうような生活をしないことも重要です。
また、ストレスを溜めないように解消した方が良いでしょう。
血圧が上昇する食事はカロリーが高め、暴飲暴食も危険です。
また、タバコも上昇するのでやめましょう。
血流を良くするための栄養バランスの良い食事、無理のない適度な運動、肥満体型にならない工夫、前兆を見逃さないことなどで脳梗塞を防ぐことができます。
すると血圧も上昇しないで安定した生活を送ることができます。
前兆に気をつけて注意深く生活習慣を見直し暮らして行きましょう。
スポンサーリンク