脳梗塞 前兆 首の痛み

意外な前兆、脳梗塞での首の痛みの前兆症状

スポンサーリンク

脳梗塞とは、何らかの原因によって、脳の血管が詰まってしまい、酸素や栄養が送りにくくなってしまい、長時間その状態に陥ることで、脳の一部が壊死してしまう状態です。
高齢の方で男性に多くみられます。
原因は日々の生活が関係していて、喫煙、飲酒、ストレス、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがあります。
早目の生活習慣の改善が求められます。
 脳梗塞を発症してしまう方には何割かには前兆があります。
首の痛みも前兆症状の1つです。
体よりも先に脳に酸素や栄養を送ろうとした結果、首の痛みとして現れるようです。
長時間首の痛みが続く場合や、休みの日に体を休ませても治らない時には脳梗塞を疑ってみましょう。
早期発見につながるかもしれません。
また、デスクワークの方は脳梗塞の前兆なのかどうか見極めるのも難しいかもしれません。
そんな場合には、しばらく体に負担がかからないこと、タバコを減らす、またはやめたり、お酒を控えたり、栄養バランスを考えた食事をしてみたりなどで様子をみて、治るどころか悪化したり、だんだんとしびれが出てきたときには病院に行きましょう。
 スポンサーリンク

 脳梗塞はMRI検査でないと発見がしにくいです。
なのでせっかく病院に行っても正しい診断がされないこともあります。
片側の麻痺やしびれが現れたら、脳神経外科へ早急に行きましょう。
脳梗塞は命にかかわる病気なので、特に半身がしびれや異変に気づいたら、初期症状や、脳梗塞の前兆かもしれません、放置せず医療機関に行くことが望ましいです。
 高齢者に多い病気ですが、近年では若い世代も発症しています。
若年性脳梗塞と呼ばれていますが、そして、その特徴には首の痛みがあります。
首の後ろの痛みは前兆なのかもしれません。
激しい運動などで血管の壁が剥離してしまうことで首の痛みとして出てきます。
首の後ろを強打したりしても注意が必要です。
寝違いや、筋肉の疲労とも勘違いしやすいものですが、早期発見することで後遺症なども残らず社会生活に戻ることができます。
 首の痛みが前兆とは意外なことかもしれませんが、頭の片隅にとめておけば何か異変を感じた時にすぐに疑うことができ、病院を受診することで早期発見できます。
病院に行く際には、MRIの医療機器があるかどうか調べてから行くと尚いいです。
スポンサーリンク