脳血栓 治療費

脳血栓の治療費用について

スポンサーリンク

脳に関する病気がいくつかあります。
体の外からは見えない部分となっているので、日常生活の中で何か異常を感じたときには、病院を受診して検査を受ける必要があります。
早期に異常を発見することができれば、早期回復をすることができるからです。
脳の病気の中に脳血栓というものがあります。
脳血栓になったときの治療法や治療費用が気になります。
脳血栓という病気には次のような特徴があります。
危険因子となっているのは、年齢が60歳以上の人であったり家族や親類に脳卒中など脳に関する病気を発症しているという人がいる場合です。
肥満や高血圧や糖尿病も危険因子として考えられています。
脳血栓を発症する際には前兆があると考えられています。
それは運動障害や感覚障害、このほかには視覚障害や言語障害やバランス感覚障害となっています。
このような症状が現れたときには、脳に障害を残さないためにも、できるだけ早い病院での治療が必要になります。
スポンサーリンク

脳血栓という病気を発症したときには、病院で治療を受けなければいけません。
このときに気になるのが治療費ということになりますが、この場合入院の期間も大きく関係してきます。
平均入院日数は、約108日となっています。
脳血栓で入院をしたときの、1日あたりの治療費に関しては、約2万3000円と言うようになっています。
国民健康保険に加入をし、医療費が3割負担となっている場合の1日あたりの治療費に関しては、約6900円となっています。
このようなことを考えて、治療費の総額は約248万円と言うようになっています。
これが国民健康保険に加入して3割負担と言うことになれば、治療費は約74万円と言うようになっています。
保険に加入をしているかしていないかによって負担が大きく異なっています。
高額療養費制度が適用されることもありますが、この場合治療費の総額は約29万7000円と言うようになっています。
ここに先進医療の費用や食事代などを加えることになります。
スポンサーリンク