ラクナ梗塞 治療 ガイドライン

ラクナ梗塞の治療とガイドラインについて

スポンサーリンク

ラクナ梗塞とは日本で最も多く見られる脳梗塞の一つです。
治療などの対処方法に関してはしっかりとガイドラインが設定されるようになっています。
ラクナ梗塞とは脳梗塞の一つであり、脳の血管の中の毛細血管が動脈硬化を引き起こして、その部分が詰まることによって起こるという病気となっています。
毛細血管は他の血管とは違い非常に細くなっており、血液が流れ込む度に伸び縮をするという特長があります。
したがって動脈硬化が発生したときには、血液を受け入れることができずに血管機能が不全を起こしてしまうのです。
症状の特長としては次のようになっています。
比較的症状は軽くなっていますが、無症状であることが多いので発見しにくくなっています。
しかし体の片方が麻痺したり言葉が発せられないというような症状が主で、意識障害などはほとんど見られないようになっています。
スポンサーリンク

血管の末端部分の毛細血管の障害となっているので、脳細胞の壊死が発生しても比較的規模が小さく限定的な部分の障害となります。
したがって無症候性脳梗塞というような分類をガイドラインの中で設けているというようなものもあります。
実際にどのような治療が行われているのかというと、基本的に現在行われている治療としては抗血小療法となっています。
全体的に症状が軽症であると言うことで、血管拡張作用のある薬が使われたり、血栓を防止するような薬剤を投与する方法が行われています。
このような脳梗塞を予防するためには、生活習慣の改善と内臓脂肪を減らすと言うこと、このほかに血栓を作りにくくすると言うことと食生活を見直すと言うことが基本となります。
脳梗塞と食生活の関係は非常に強くなっています。
したがって食事の量だけではなく質も含めた総合的な改善が必要になります。
スポンサーリンク