脳卒中 後遺症 悪化

脳卒中後に現れる後遺症を悪化させない為には

スポンサーリンク

脳の血管が詰まる、または破裂し出血することで起こる、脳の病気を総称して「脳卒中」と言います。
脳の血管の詰まりによって発症する代表的な脳卒中が、脳梗塞や脳血栓です。
脳血管が破裂し出血するこで発症する、代表的な脳卒中が、クモ膜下出血や脳出血です。
これらの脳血管性の病気の大きな特徴が、病後に高い確率で「後遺症」が現れるという点です。
代表的な後遺症として、運動障害、言語障害、嚥下障害、排泄障害などが非常に高い確率で現れます。
また脳血管性の病気によって現れる後遺症は、一つの障害だけというケースは稀であり、殆どの場合で複数の障害が重複して現れます。
そして脳血管の詰まりや破裂が重篤な場合や、発見が遅れ症状が悪化してしまった場合には、病後の後遺症も重篤になる場合が多いとされています。
そして脳血管性の病気の後遺症には、イライラしやすくなったり情緒が不安定になったりと、「感情面」に変化が現れるケースも少なくありません。
この感情面の変化おいても、脳血管の障害が重篤な場合、症状が悪化した場合などに、病後の感情に著しい変化が現れる傾向にあります。
スポンサーリンク

脳卒中は現在、日本人の死亡率第3位の病気であり、命を取り留めたとしても、高い確率で重い後遺症が残る病気とされています。
脳卒中の治療の基本は、発症後可能な限り「迅速」に治療を行うことが最重要とされています。
脳血管の詰まりや破裂は、発症後時間の経過とともに確実に悪化を辿ります。
迅速な治療によって悪化を防ぐことができれば、死亡の危険性は激減し、後遺症の重症化も予防することが可能なのです。
脳卒中は殆どの場合が「突然」に発症します。
代表的な症状として、話していると急に呂律が回らなくなったり、手先の感覚が鈍くなり物を掴めなくなる、突然意識を失って倒れるなどが挙げられます。
意識を失った場合はすぐに救急車を要請するでしょうが、呂律がおかしい程度では様子を見る人が殆どとされています。
脳卒中は発症後「3時間」で治療を行えるかが、後遺症の悪化を防げるかの目安とされています。
呂律が回らない、手足が痺れるといった軽度の症状でもまずは脳卒中を疑い、症状を悪化させない為に出来るだけ早期に医療機関で検査を行うようにしましょう。
スポンサーリンク